食農教育活動

 当JAでは、地域農業への理解促進を目的とし、組合員・役職員が一体となって「食農教育活動」に取り組んで、次世代を担う子どもや地域住民へ「食」と「農」の大切さを発信していきます。

あぐりスクール

 平成21年より管内の小学校3~6年の子どもを対象として、体験型農業学校「あぐりスクール」を開校しています。

JA青壮年部・女性部・役員等が子どもたちの先生となり、野菜づくりから収穫、調理体験等を行っています。

あぐりスクール詳細≫

小学校へ「寿太郎みかん」を贈呈

 2月下旬、子どもたちに地元の素晴らしい農産物に対する誇りを持ってもらい、農業への理解を深めてもらおうと、平成20年度から管内2市2町(沼津市・裾野市・長泉町・清水町)の小学校に、特産品の「寿太郎みかん」を贈呈しています。
小学校へ「寿太郎みかん」を贈呈詳細≫

学校給食への取り組み

 地域の子どもたちに農業への理解を深めてもらうことを目的として、生産者と協力しながら学校給食に地場産品を積極的に提供していきます。

学校給食への取り組み詳細≫

ページトップへ