沼津第二小学校へ出前授業

topix2 3月8日(水)、食農教育の一環として沼津第二小学校2年生の児童18人を対象に出前授業を行いました。茶の特性や江原素六翁の功績などを記載したリーフレットを使用しながら、素六翁についての説明やお茶の効能について説明し、生徒らは熱心に受講しました。

その後、生徒は配布された粉末スティック緑茶を実際に「おいしい」と笑顔で味わいました。

沼津第二小学校の杉本雅弘校長先生は「沼津茶の礎を築いた江原素六翁について子どもたちが学ぶ良い機会になった。粉末茶はお湯にすぐ溶けて飲みやすいので、より地元のお茶に親しみを持ってもらえれば良いと思う」と話しました。

2017/03/14

ページトップへ