キンカン「こん太」目揃え会

topix JAなんすんキンカン部会は1月20日(金)、キンカン「こん太」の目揃え会を、浮島支店で開催しました。

目揃え会には部会員やJA関係者など11人が参加し、大きさや着色、傷の有無など出荷に向けた規格の確認を行いました。

出荷は2月中旬から3月末までを予定しています。

静岡県清水区で生まれたキンカン「こん太」は、平均糖度が20度以上になる高糖度キンカンで、皮ごと食べられます。部会員の多く茶農家で、茶栽培の合間に栽培できる作物として6年前から栽培が始められました。

また、大きさ直径3.3センチ以上、糖度平均22.3度以上はプレミアムキンカン「富士美人」として販売しています。

2017/01/31

ページトップへ