イチゴ

 裾野のイチゴ栽培は、昭和24年から始まりました。

 現在の栽培品種は「章姫(あきひめ)」が90%で、残り10%は新品種の「紅ほっぺ」です。

 富士山のすそのならではの標高差を活かした栽培で、沼津、御殿場、小田原に出荷しています。近年では、新しい栽培方法の「高設栽培」による若い生産者も増えています。

章姫(あきひめ)

「久能早生」と「女峰」を交配育成した品種で、静岡県の主力品種です。

果実はかなり長い円錐形で、乱形果の発生は極めて少ないです。

平均果重は18グラム程度の大果になります。

味は酸味が少なく誰からも好まれる味です。果皮がやや柔らかいのが流通上の難点です。

紅ほっぺ

「章姫」と「さちのか」を交配育成した品種で章姫につづく静岡の新品種です。

果実は長円錐形で、大果になります。

果皮色は鮮赤色で果肉、果心までも赤みを帯びています。

大果でも果実の空洞はほとんど見られません。

香りも優れ、食味は適度な酸味がありコクがあっておいしいです。

果実は、章姫より硬くしっかりしています。

ページトップへ