安全・安心への取り組み

 近年、食品の安全性に対する信頼が揺らぐ事件が続発し、消費者の「食の安全・安心」に対する不安と関心は一段と高まっています。ここでは、「安全・安心」な食を提供するために、JAと生産者が一体となって取り組んでいることをご紹介します。

  • 残留農薬検査

    法律で定められた残留農薬基準に基づき、科学的な評価をし、安全な野菜であることを実証します。
  • 土壌診断

    土壌診断では、人間の健康診断と同じように、土の健康診断を行い、作物の生育に適した土にするための診断書を作成し、良い土づくりをサポートします。
    詳細はこちら≫
  • トレーサビリティ

    消費者が安心して食品を購入できるようにするために、トレーサビリティ(生産履歴)開示に取り組んでいます。
    詳細はこちら≫
  • 危機管理対応

    地元で生産、地元で消費。消費者と生産者のつながりを深めます。
    詳細はこちら≫

ページトップへ